大手「艦これ速報」さんと当ブログ記事の"酷似"が奇跡すぎる件

kankoresokuhou00.jpg

問題の記事

当ブログ記事 : 【艦これ】効率厨が選ぶ!育てておきたいオススメ艦娘
(更新日…4/12)

艦これ速報さんの記事 : 【艦これ】初心~初級提督向け 攻略上の観点から見たオススメの艦娘一覧
(更新日…4/13)

!?!?!?!?!?
奇跡のような一致である。

しかし、具体的にどんな点が偶然であり奇跡なのだろうか。
この記事で解明していきたい。


最大のポイントは「更新日」


あ艦これ日和

kankoresokuhou003.jpg

艦これ速報

kankoresokuhou002.jpg

アプデ情報やイベント攻略でもないのに
同じ内容が1日違いなんて、もの凄い偶然である。



第二のポイントは「記事タイトル」


あ艦これ日和

kankoresokuhou005.jpg

艦これ速報

kankoresokuhou004.jpg

何という偶然だろうか。
記事のタイトルが違うのに、何故か内容が殆ど同じである。

しかし、初心~初級提督向けな筈なのに、
改二前提艦が多かったり、
5-4まで全く必要のないドラム缶搭載ネタが多かったり、
違和感が多いあたり、いかに偶然かが分かるだろう。



第三のポイントは「メールを送っても返信無し」


艦これ速報管理人さんに、今回の偶然について事実確認と要望を何度かメールで送っている。
しかし偶然にも未だ返信がない。

これは記事の奇跡的一致を決定付ける反応だろう。



第四のポイントは……


もの凄い偶然があるものだが、
内容を詳しく見ればもっと凄い偶然があるのではないか。

そこで、更なる偶然を求めて内容を比較してみることにした。

※以下、偶然が起こりすぎて文章が長くなってしまったので、
※読むのが面倒な人は▽最後にへ飛んで下さい。




記事の構成を検証してみた


kankoresokuhou006.jpg

※青字が当ブログと同順の艦種
※赤字が当ブログと共通の艦娘

雷巡 (大井北上木曾

駆逐 (雪風島風時雨夕立睦月型

軽巡 (五十鈴夕張神通球磨長良

重巡 (衣笠摩耶利根筑摩)

航巡 (最上鈴谷熊野三隈

軽空 (千歳千代田飛鷹隼鷹鳳翔

正空 (赤城加賀

戦艦 (金剛比叡榛名長門陸奥伊勢日向扶桑山城)

潜水 (伊58伊168伊19伊8

検証結果

わりと完全に一致という偶然。

一致していない艦娘も、やや能力が劣る姉妹艦のみという奇跡のような偶然である。

画像が加工無しで即席っぽいのもポイントが高い偶然だ。



文章の内容を検証してみた


※赤字が当ブログとほぼ同じ内容

雪風

脅威の運60、響同様終戦後に他国に渡った経緯があるので改二も期待できる

島風

雷装値が高いのが魅力、最終的には99にまで到達する
ただし、史実で装備していた5連装(酸素)魚雷は持ってこない

時雨

運が雪風についで高い(50)、また現在改二が実装されている艦なので育て甲斐もある
対空性能が高く、防空ボーナスを含めて対空値100を達成することも可能

夕立

最終的には火力が73と絶大な数値に跳ね上がる
装備を含まない火力だと軽巡洋艦の一部にも勝るほど、索敵も駆逐艦の中で現状一位
雷装、対潜の数値も高く火力特化の駆逐艦。手に入れやすいので早めに育てておくと活躍するはず。

睦月型

睦月型の特徴はその燃費の良さにある
遠征艦隊の主軸を考えるときにはまずこれらの艦が筆頭にあがる


五十鈴

改二が実装される前はLv12の改装で21号対空電探と61cm4連装(酸素)魚雷を持ってくる
貴重な役目を果たしていた
改二が実装されてからは全艦娘の中で最高の対潜値を持っており、潜水艦キラーとしての活躍が見込める


夕張

装備スロットが軽巡洋艦唯一の4なので、カスタマイズ次第で様々な用途に役立つ
また、終盤にはなるが5-4でのドラム缶輸送も単独でこなせる

今後のドラム缶での羅針盤操作の際にも呼び出されるはず

神通

改二にすると現状他には入手手段の少ない探照灯を持ってくる
さらには火力、雷装、耐久、装甲が軽巡内のトップになるので様々な活躍をしてくれる

球磨長良

現状改二にはならないが、低レベル帯で改造できる上、改造後のステータスがそれなりに高い
入手難度もさほど高くないので、少し鍛えれば即戦力になるはず


衣笠

現状重巡洋艦では唯一の改二が実装されている
特筆すべき性能はないが貴重な20.3cm(3号)連装砲を持ってくる

摩耶

改装すると全艦娘トップクラスの対空値を誇る(89)
重巡はどの艦もあまり差は無いのだが、摩耶の対空だけは特別高いので

重巡で迷ったら摩耶を育てれば間違いないはず

利根筑摩

全体的に良スペック、重巡の中で気に入った艦娘がいなければ利根、筑摩を育てておけば間違いはない
重巡は後々活用する機会があるので早めに育成しておくと便利

最上鈴谷熊野三隈

特筆すべき性能はないのだが重巡洋艦と違いドラム缶を積むことができる
夕張の入手難易度が多少高いため、終盤のドラム缶運送役を考慮するなら選択肢に入る

千歳千代田

5段階もの改装が可能な水上機母艦姉妹
序盤は運用が大変
だが、改装すると貴重な甲標的を持ってくる
航改二時点のスペックは高速の軽空母の中では随一、低速艦最高峰の飛鷹にも搭載機以外は勝っている

飛鷹隼鷹

艦載機搭載数では軽空母1位を誇る、低速艦なので千歳、千代田とは羅針盤操作の関係で使い分けることになる

凰翔

改装前は19機しか積めないが改装すると42機積むことが可能になる
燃費が非常にいいのでレベリングの際重宝する

性能的には正規空母の下位互換というイメージ
を持つ提督もいるとおもうが
燃費が良いので使いやすいという長所がある、

赤城

おそらくほとんどの提督が最初に入手することになるであろう正規空母
搭載数は加賀には負けるがそれでも一線級の働きをすることは確実

加賀

全空母中搭載数トップ、運用を間違えると凄まじい量のボーキサイトをもっていくが強力なことにかわりはない
他の正規空母(装甲空母)は蒼龍以外入手難易度が高いため、しばらくの間赤城や加賀が空母戦力の主軸になる
瑞鶴、翔鶴や大鳳などは入手難易度が高いがこれらも強いので手に入れることができたら育てておきたい

金剛比叡霧島(榛名)

戦艦の中では貴重な高速艦、羅針盤操作の際には重宝する
火力を増加させる九一式徹甲弾は装備できないが、改二でも燃費が他の戦艦と比べて良い
中でも霧島は改二の最終火力が104と長門を超える数値になり、探照灯も持ってくる
比叡は三式弾、金剛は22号水上電探を持ってくる、改二は遠いが育てれば必ず役にたってくれる

榛名は現在改二の実装待ちだが、そう遠くないうちに来ると思われるので余裕があれば

長門陸奥

低速艦であるものの、九一式徹甲弾が装備できるので、装備を考慮した際の火力は大和に次いで高くなる
長門改の対空99も魅力

伊勢日向扶桑山城

改装することで航空戦艦となる、晴嵐や瑞雲などを運用できるようになることで1-5の周回で活躍する
今後の調整次第ではもっと強力になる・・・かもしれない


伊58

改装することで運の値が50になる、運が高いとカットインが狙いやすいので
オリョクルなど稼ぎ以外の攻略にも入れやすい

伊168、伊

まるゆを除いた全ての潜水艦は、潜水艦だというだけで貴重な戦力として数えられる
入手した潜水艦は全て暇な時に育てておきたい

締めの文章

建造に関しては個人差がありますので、無理に狙わずに出た艦娘を使うのも大事です
建造に回す資源で海域を攻略し、先に進めばドロップで狙っていた艦娘を引ける可能性も十分あります

繰り返しになりますが、大事なのは自分が可愛いと思った艦娘を使うことです
ここで紹介していない艦も、弱いというわけではないので、使いたいと思った艦娘を使うのが最良の選択肢です


引用:http://kancolle.doorblog.jp/archives/38245385.html

検証結果

説明文の前半がほぼ一致しているとは凄い偶然である。

自分で考えた文章を後ろに付け足したんだろうかという偶然。


睦月だけ「型」としていたり、
と思えば燃費の良い天龍型が抜けていたり、
利根が何故か優遇されていたり、
航巡の並び方が不自然に一緒だったり、
赤城と加賀が分離していたり、
伊58と他の潜水艦が分離していたり、

その他指摘していくとキリが無いが、
不自然な一致が見られる点からも奇跡っぷりが伺える



最後に


偶然なわけないだろ。
いやー、凄い偶然であった。

しかし、この偶然のお陰で私の記事のほうはアクセスがさっぱりだ。
一方、艦これ速報さんの方は未だに人気記事のようで羨ましい限りである。


しかし、この偶然が風化してしまうと、他サイト様が同じような不遇を受ける可能性が高くなる。

そこで、この偶然を少しでも多くの人に知ってもらうためにも、
Twitter、Facebook、はてブなど、
様々な媒体で拡散して頂ければと思う。


※追伸 艦これ速報さんから声明がありました。

kankoresokuhou1010.jpg

こちらについてははっきり申し上げます。
個人間メールの無断公開であり、プライバシーの侵害です。

関連記事

Pagination


Trackback

Trackback URL

http://akankorebiyori.blog.fc2.com/tb.php/74-08e32179

Utility

 
Rss Twitter

カテゴリ

タグクラウド