提督が観る、アニメ艦これ第12話「敵機直上、急降下!」 感想と考察

12-000a.jpg

アニメ艦隊これくしょん12話のレビューや考察を書いていきます。
この記事を書くにあたり、他の方の感想を一切見ないことを徹底しました。
あくまでも世間の評判ではなく、私個人の感想ということでご覧下さい。

※ネタバレが含まれますので、必ず視聴後にお読み下さい。


第12話「敵機直上、急降下!」 感想


12-001.jpg 12-009.jpg

最終決戦らしく総力戦となったが、物量で押しているだけの内容ということもあり、どうにも盛り上がりに欠ける展開だった。
こちらの情報が漏れていることを逆手に取り、戦力を分散させたように見せかけて一点集中させる作戦は良かったと思う。
しかし、今までアニメで積み上げてきたものがあまり生かされていなかったためか、最終回視聴時特有の達成感・満足感のようなものが感じられなかった。

特に残念だったのは吹雪に関する描写だろう。
あんなに必死になって改装した必要性があまり感じられず、旗艦になることで培った機転の効いた行動も特に見られなかった。
これは吹雪の成長物語なのだとばかり思っていたため、何だか肩透かしを食らったような気分だ。


12-011.jpg 12-012a.jpg

一方、上手く描写されていたのは瑞鶴と加賀の関係だ。
瑞鶴にとっては以前守ってもらったことへの恩返しのつもりだったのだろう。
しかし、加賀にとっては以前の出来ごとなど関係なく、純粋に今回のお礼としてウサギを送ったのだ。
利害関係だけの他人ではなく、仲間として二人の関係が深まったことを表す、非常に良いシーンだったように思う。

しかし、他にもたくさんの艦娘がいるにも関わらず、殆どの艦娘が物語の最初と最後で変化がなかったというのはやはり寂しい。
完成された登場人物が自分という枠を飛び越えないアニメほど退屈なものはないはずだ。
もう少し各艦娘(特に吹雪)の成長や変化が見られる最終回になっていれば、違った印象になったのではないかと思う。


12-002.jpg 12-008.jpg

他にもいくつか気になるシーンがあったのも、これらも作品に没入できなかった要因の一つだろう。
一つのアニメとして、艦これという題材として、製作陣の選択は正しかったのだろうか。
こちらについては近日中に投稿予定であるアニメ総評記事で触れるつもりなので、ここでは割愛したい。

ともかく、作戦は無事達成され、提督は戻り、物語は一応ハッピーエンドで幕を閉じた。
大部分の謎は究明されなかったが、続編が製作決定ということでそちらで解決されていくのだろう。
1期の良かった部分を引き継ぎ、駄目だった部分を修正し、格段にクオリティアップした作品を期待したい。



その他気になった点、考察


飛行場姫の再生能力について

12-003.jpg 12-006.jpg

ヲ級を轟沈させるまで飛行場姫が再生し続けたが、これはゲーム内のゲージ破壊をアニメ風にアレンジしたものだろうか。
今回は艦娘たちの勘で攻略できてしまったが、再生能力やそのトリガーについて何かしら意味がありそうだ。

それにしても今回、飛行場姫がやたら小物っぽい印象を受けたのはセリフやボイスのせいだろうか。
13秋イベントを経験した身としては、もう少し凛然として欲しかった気もする。


如月の髪飾りについて

12-010.jpg 12-013.jpg

最後に如月の髪飾りが浮かんでくるシーンがあった。
単純に考えれば、やたら作画に気合いが入っていたヲ級の中身が如月ということになるが……。
こちらは次回作の伏線なのだろう、2期こそは深海棲艦の謎に迫って欲しい。

関連記事

Pagination


Comment

[ 3377 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015/03/26 22:30

[ 3378 ]

とにかく1クール感想、お疲れ様でした!

私もアニメ艦これに対して色々と言いたいことがありますが、
それ以上にアニメを通して「艦これ」を知った方が
一人でも多くブラウザ版艦これをプレイして艦娘たちを愛でほしいと思ってます

そういった今から艦これに触れる方の為にも
管理人さの活動は一層価値を帯びるはずですので
今後とも攻略、艦これを記事を期待しています。
  • URL
  • 2015/03/26 23:07

[ 3379 ] 朗近

艦これアニメの第一期は、最終話でも巨大な不発弾を残していきました。
それは、「応急修理女神のようなもの」を出してしまったことです。

問題点1:後から来た五航戦空母からの、交換用弓矢提供シーンにより、
ピンチの一航戦空母の「攻撃力一部回復」は説明できる。
にもかかわらず、「ダメコン」とも「応急修理」ともセリフに入れずに
ネットゲーム戦闘中の様な「女神」シーンを使っている。

これは明らかに「ネットゲーム版提督」向けと思われる。
しかし、そう考えるとアニメ版の「艦娘の生死」設定に直結する大きな矛盾がいくつも生じるだろう。

問題点2:アニメ版女神は攻撃力一部回復(光ったのは弓)に留まり、
ネットゲーム版の様に飛行甲板や艦載機、服までは全回復できない演出だった事。

服は、一瞬で全回復すると見た目にあまりにもオーバーテクノロジーになるので、
演出上抑えたとも考えられるが、
飛行甲板の穴は、わざわざアニメ中で独自解釈で見せていた、
艦載機着艦(帰還)可能性ロストにつながる。

ちなみにネットゲーム版艦これにおけるダメコン(応急修理)は、
出航前に載せておく必要があり、
応急修理女神の場合、一旦轟沈判定が出た直後、発動し全回復する。
つまり、後から他の艦から渡せるものでは無いし、載せていた艦は一旦「死」ななければならない。

イベント最深部クリアや5-5常連で女神の実用経験があり、戦闘ビデオを見落とさないプレーヤーならば、
一瞬の差異でも(1期12話では、結果的に全員生還の為、まだ騒ぎにはなっていないが)
計り知れない危険を察知するであろう。

問題点3:戦闘中に損傷回復できる装備をアニメ版でも出したため、
なぜ3話の駆逐艦には「女神」を使わず、最終話の正規空母には急送してでも使ったのかという、
「アニメ版提督の決断」が露わになってしまった。
史実同様に一発轟沈がありうる「ハードモード」としてアニメ版の生死判定を一旦出した以上、
コモン駆逐が一隻沈んでも「大丈夫」とアニメ版提督は公言したも同然とも見える。

この「艦これ」連合艦隊司令部 こと轟沈に限り虚偽は一切見せぬ。
沈めもし・・・・・・!生かしもするが・・・・・・!
今季 まだその条件の特定まではしていない
そのことをどうか諸君らも思い出していただきたい
つまり・・・・我々がその気になればアニメでの次の轟沈が、
女神発動直後ということも可能だろう・・・・・・・・・・ということ・・・・!
  • URL
  • 2015/03/27 00:05

[ 3380 ]

改めてこのブログでヲ級のキャプチャを見ますと、ヲ級の目が如月を彷彿させるなと漠然と感じました。
自分がリアルタイムで観るアニメだけでなく、他人の視点からのアニメという点で、ここのアニメレビューは毎回楽しみに、興味深く読ませていただいています。

謎が多いこにアニメですが、装甲空空母大鳳になんの護衛も付けずに海域に送り込むという設定、謎を通り越して「戦い」に触れる作品として失望したよ、と言いいたいところです。
  • URL
  • 2015/03/27 01:03

[ 3381 ]

上の訂正です。失礼します。

謎が多いこにアニメですが、

謎が多いこのアニメですが、
の誤りです。
  • URL
  • 2015/03/27 01:08

[ 3382 ]

1クールお疲れ様です。
私が気になった場面は空母撃沈後、
海面に泡が沸いてる時に微かにきこえる、
声が気になりました。
  • URL
  • 2015/03/27 10:00

[ 3383 ]

総評、楽しみにしています。

今話に関して言うなら、やはり作戦の大雑把さということもありますが、
何より逆転のカギになる部分を「なんとなく」で
どうにかしてしまっているのが気になりました。

「ボスが再生する!どうしよう!」
「ヲ級を倒せばなんとかなる!そんな気がします!」

いや~、それはどうなのさ…

ここに至るまでの話で、深海棲艦が高度な知性を持っていることは
かなり描写されてきました。非常に隙のない相手です。
そうした相手を凌駕しようとしたときに、思考で上回るのではなく「適当にやったらどうにかなった」では、
じゃあ今まで苦戦してたのは何だったのか、という事になります。

あとはダメコンに関してでしょうか。
あれは知らない人には本当に意味不明なシーンだと思います。
謎の妖精さんがフラッシュバックしたらなぜか回復した?
(そういえば妖精さんが「妖精さん」であることにも
アニメ作中では言及されなかったような気もします)

アニメ全体として、色々な部分で本当に説明が足りません。
正直、この状態を続けたまま続編を作るのは無謀だと思います。
  • URL
  • 2015/03/27 10:39

[ 3384 ]

ひどいアニメでした
最終回ぐらいは気合の入ったものを見せてくれるかと思いましたが、数だけ多く出して動きはこれまでにない雑さ。棒立ち、何もしていない艦娘の多いこと多いこと
全ての行動に理由がなく、薄っぺらく戦術も戦略もありはしない。ピンチ→増援の流れを一話の内に三度もするアニメはこれが初めてです
何より許せなかったのは、艦娘は服が破け艤装が壊れるのにとどめている癖に、飛行場姫は身体を欠損させ、最後には北斗の拳のように内部から爆発させたことです
深海棲艦に愛着を持っているファンはこの描写をどう思ったでしょうか。人型のものが過度に傷つくグロを艦これに求めている人がどれほどいるでしょうか
如月を轟沈させ、南雲機動部隊は誰一人欠員を出さなかったことも合わせてスタッフの依怙贔屓が透けて見え非常に気持ち悪い
敵だから、人気艦ではないから酷い目にあわせても構わないという底の浅い考えのスタッフは即刻艦これから離れ二度と関わらないで欲しい
人並みの思いやりも持たない連中には、全ての艦娘が誰かの一番である艦これという作品に関わる資格はないと思います
  • URL
  • 2015/03/27 22:03
  • Edit

[ 3385 ]

良く酷評されている3話は何というか私は平気でした。なのでその後の日常の話も楽しんでいました。しかし、10話11話12話は酷かったですね。最終回はリアルタイムでなくて録画で3-2レベリングしながら視聴しました。もうアニメ艦これ評価が「直上、急降下!」でした。
第六のカレー回の後で「二期決定」を知ったらもっと喜んでいたんでしょうけど。
  • URL
  • 2015/03/28 02:15

[ 3387 ]

艦コレあるある、がほとんどなかった
夜戦だと駆逐が強いとか、重雷は遠距離魚雷攻撃ができるとか
艦コレじゃなくて、コスプレ女集団の海遊びってカンジだった
てか、山盛りパフェを好きなだけ食える状況なら
別に海の敵を無理して倒す必要ないでしょうに・・・
  • URL
  • 2015/03/28 09:14
  • Edit

[ 3388 ]

ゲームのプレイヤーへの配慮を完全に無くして
アニメ独自の設定と銘打って良いから
世界の状況と艦娘の正体をはっきりとさせて
正体不明の怪物である深海棲艦に襲われる民間人や
対策を練る政治家や軍人なども描く方が良いと思いました
今回のアニメのように
艦娘の言動だけで物語を作るのは無理です
  • URL
  • 2015/03/28 09:18
  • Edit

[ 3391 ]

アニメ独自の世界観の構築もできてないし
かと言ってゲーム準拠とも言えない

個々の話のなかのエピソード単体で見れば面白いところもあるけど
全体で見ると素人目でも酷い

「なんとなく」いろんな人のアイデアをぶっこんだだけ
という印象しか受けないのが残念でしか無いわ
  • URL
  • 2015/03/28 13:20

[ 3392 ]

色々な所で最初から言われていますが、とにかく「雑」なアニメだった、この一言に尽きるかと思います。
アニメで提督や設定を披露することでそれが公式化してしまうことを恐れたのか、あらゆる事が最後までうやむやで進行していました。
オムニバス形式のゆるいアニメだったらそれで良かったのかもしれませんが、一人を主人公としたストーリー物でそのやり方は失敗でしたね。
6話のカレー回だけは良かったという意見をけっこう目にすることからもそれは明らかだと思います(6話は敵どころか主人公の吹雪ですらまともに出てこないのに…)

現時点で二期決定と聞いても正直、微妙な気持ちにしかなりませんがやるならば次こそはもっと制作の熱意を感じるものにして欲しいと思います。
  • URL
  • 2015/03/28 17:57

[ 3394 ]

12話視聴後の感想

「でっていう」
  • URL
  • 2015/03/28 21:53

[ 3395 ]

色々と規制が掛かる公式認定製作のアニメーションより
個々の判断でファンが製作している動画の方が
生き生きして艦これが好きという感情がダイレクトに伝わってくる感じがしましたね・・・
角川から表現に対する制限が来ている可能性があるとはいえ
上コメであるように艦これあるあるとか、とりあえず全部出しとけば良いだろ
みたいな雑っぽいシナリオがイマイチ熱くさせてくれませんでした
  • URL
  • 2015/03/29 02:15

[ 3396 ]

髪飾りは2期への伏線じゃない?さすがに駆逐艦の如月が空母の深海棲艦になるっていうのは無理がある気がする。
2期には期待してないしMMDの方が遥かに良い物があるけど、それでも艦これアニメはこれしかないし少しでもいいものを作って欲しい、
  • URL
  • 2015/03/29 11:06

[ 3398 ]

11話ラスト、たとえ救援が来ても投下済み爆弾は防ぎようがない、赤城さんどうなるんだろうと思っていたら、12話では爆弾投下前に吹雪が来て撃墜していた。
この時間巻き戻しに設定上の意味はあるんだろうか。
それともこれも単なる「雑さ」のひとつ…?。
  • URL
  • 2015/03/29 19:09
  • Edit

[ 3399 ]

まさかここで大鳳出てくるとは...w
何回全問斉射したら気が済むのかw
  • URL
  • 2015/03/29 23:18

[ 3402 ] Gブレイカー

こんにちは、通りすがりですが、私見なんかを。

如月の髪飾りですが、ドラマ重視のアニメ版においては設定的な意味は今のところは無いんじゃないかなと思ってます
無論、続編のための伏線というのも捨てきれませんが、今は深く考えなくてもいいのかなと

直前に赤城が「定めのくびきを変えた」という話をしているので、
『運命に引きずり込まれた如月』と、『運命を変えた吹雪たち』という対比と、
この戦いの勝利が今後の希望となり、暗い水底に沈んだままだった如月の魂が、ようやく明るい空の下に解放された(つまり成仏した)、と私は受け取りました
如月の変化したのがフラヲか飛行場姫(中間棲姫)だと考えるには、まだちと情報不足にも思えます
まぁ遠回しに「艦娘≒深海棲艦」を匂わせる部分だとも思いますが……どうなるんでしょうね?

続編があるとはいえ、吹雪の成長物語の最初の締めとして肩すかしを食らった気分なのは同意です
せめて死にもの狂いで空母を倒すシーンとか、誰かの役に立つシーンを、もっと行動で見たかったですね

最後の梯形陣による凱旋は良かったです。観艦式用というだけあって見栄えが良かったです
長文失礼しました
  • URL
  • 2015/03/30 17:17

[ 3404 ]

今更ながら最終話見ました
吹雪だけを抜き出し物語を追っていくと(最終回を除き)結構いい出来なんじゃないかと思いました。まぁこれはアニメなんでそんな偏った評価の仕方私はしませんけど

えーと一言でいうと雑ですね、とりあえず原作要素入れれば良いだろ、こういう展開なら盛り上がるだろそんな感じで作られたアニメでしょうか、こういうシーンやりたいが先行してそのシーンに至るまでの過程の重みが無くそのせいかキャラが場面描写に伴わず右往左往していたような気がします
こんな出来の二期(2クール目)を作ったところで見てくれるのは全肯定してくれるアレな人しかいませんね

最後に、眼鏡外すのは酷い、原作要素入れるなら守るとこは守れよ!!
  • URL
  • 2015/03/31 00:02
  • Edit

[ 3406 ] モノリス0120

シリアスにもギャグも楽しめなかったかな・・・
三話の如月轟沈からのギャグの違和感が強過ぎて良い所があったんだろうけどつい邪推してしまう・

二期は脚本しっかりしないと不味いよ?
幸い円盤売上は良いけ釈然としないんだよなあ。
  • URL
  • 2015/03/31 23:41
  • Edit

[ 3409 ]

提督さんを出さない方針をしていたのでしょうけど、"結果的に"出していた方が
終盤の展開や吹雪等との絡みが視聴者的に理解しやすかっただろうとは思う所がありますね
(出した場合のデメリットもそれなりにあるが)

まあ、酷評している方もいますけれど、異世界、ファンタジーやメカ物のアニメの最終回でいいますと、非常にgdgdしやすいジャンルなので比較的わりと区切りよく終わってる方なんですよね…続編みないとわかんないです。
  • URL
  • 2015/04/01 09:32

[ 3428 ]

ガッカリアニメでした
  • URL
  • 2015/04/05 02:15

[ 3429 ]

二期じゃなくて小説版の映像化してくれ頼むから

  • URL
  • 2015/04/05 11:29

[ 3441 ]

 なんでもありな闇鍋ストーリーが続き、最後は誰が旗艦かよくわからない指揮系統がバラバラなお遊戯艦隊の一員として、主人公吹雪が駆逐艦なのか戦艦なのかよくわからない大活躍で終わってしまう。
 吹雪主人公でその成長を描くなら、駆逐艦の生き様ってものをもっと掘り下げて、追求すべきだったと思います。それをしないなら、話の軸に戦闘も成長も置かず、ラブコメ主体ののんびりした話にすれば良かった。残念です。
  • URL
  • 2015/04/06 21:13

[ 3442 ]

色々な所で既に指摘されていますが、

・艦娘は何の為に命を懸けて戦っているのか。
・深海棲艦の正体が終止謎。
・提督が声無し透明人間。
・行動原理が浅はかな提督。
・死者が出た後の話に長いギャグパート。
・提督を慕う割に行方不明の提督を心配しない金剛。
・大和の換装はどうするのか。
・戦場にも関わらず棒立ちで悠長に会話。
・空気を読んで攻撃しない敵艦。
・登場艦が多すぎ、ほとんどがモブ扱い。
・原作台詞を脈絡無しに言わせる程原作に固執しながら、原作設定を無視した艦娘の言動。
・概略には全く不必要な話(カレー回)を唐突に挿入し、全体の流れを乱したばかりか、その話が比較的評判が良いという矛盾。

期待していただけに粗が目立って仕方が無いです。

例えば如月轟沈の後金剛のギャグ話も、周りを気遣って無理に明るく振る舞う金剛と、そうとは知らず激しく拒絶する吹雪で対比させ、視聴者の違和感を払拭すべきだと思いました。
そもそも、導入→日常→任務→犠牲→苦戦→逆転→勝利の方が王道の流れでしょう。

例えば金剛も、提督不在に不安がる艦娘達を落ち着かせ、一人影で涙する等演出すべきでした。そうでないと最終回の涙も唐突で安っぽいものになってしまいます。


最終回の窮地から援軍の繰り返しにはほとほと失望しました。
良い所も少なからずあるのに、駄目な部分が圧倒的で、良い所を全て台無しにしてしまっています。

とにかく作画班と声優さん、主題歌を歌われた歌手の皆さんはお疲れ様でした。監督さん、脚本家さん、演出家さん、その他物語に関わった方は、最低限起承転結を勉強しなおしてほしいです。
  • URL
  • 2015/04/07 00:02

[ 3450 ]

怪物が人類全体を襲ってくる世界規模の話なのに
人間を出さない、世界の現状を明らかにしない、
艦娘の詳細も説明しないという厳しい条件があると
誰が監督・脚本・ストーリー原案を担当しても
面白い話を作るのは難しいと思って見ていました。

描いてはいけないことが多過ぎて物語にならないが
それでも、どうにかして作らないといけないから
アニメ提督や如月が損な役割を押し付けられましたね。

続編があるようですが、一期と同じように
人間を出さない、世界の現状を明らかにしない、
艦娘の詳細も説明しないという方針で行くなら
また話を作るために提督や艦娘の誰かが
損な役割を押し付けられると思います。
個人的には、島に残されている人間の軍人を救出するとか
輸送船を護衛して民間人を護るとか
そういうのが見てみたいですけどね。
  • URL
  • 2015/04/09 11:42
  • Edit

[ 3452 ]

 感想(完走)お疲れ様です。他の方が私の言いたいことを、ほとんど言ってくれたので私自身の意見を…

 長文失礼します。

 色々言われてますが、二期はシリアス路線か日常路線かに進むかで評価が変わってくると思います。ぶっちゃけ如月ちゃんの問題があるので、基本、シリアス路線で進むしかないと思われるので、なんとかスタッフさんにはがんばってもらいたいです。むちゃくちゃ言われてることが多いだけに、特に頑張ってほしいです。

 自分は艦これはアニメから入った人間なので(しかもKanon以来のリアルタイム視聴!)、いろんな意味で面白かったです。最初は、ゲームの方ができなかったので、艦これの総統閣下シリーズや艦隊コマンドーシリーズと一緒に楽しんでました。

 如月がすべての鍵だったと思います。3話での如月が沈むかどうかで、シリアスコメディか、完全な日常ものかの分岐が決まりました。そしてスタッフの方々はシリアスコメディを選びました。私自身はこちらを期待していたのでグッジョブ!と言いたいです。

 ただ、やはり批判は紳士に受け止めるべきです。

 そして、これを期にさらなる発展を期待しています。色々言われて叩かれると思いますが、日常ものを選んでいたら楽をできたのにしなかったのは評価できます。そっちにしとけばよかったの声もありますが、それではマニアは面白くないです。

 今回のシリアスをしつつコメディを取り入れ、様々な制約の中でストーリーを組み立てる挑戦を見てるのはとても面白かったです。私自身も史実を勉強したりできましたし、とても為になりました。

 動いてる艦娘達を観ているのは楽しかったです。もしここを見ているスタッフの方々がいましたら、失敗を恐れず、負けずにがんばれと言いたいです。

 二期が来るのを楽しみに見ています。

最後に、様々なネット上でのネタの元を作られているスタッフの方々に感謝します。
  • URL
  • 2015/04/10 06:39

[ 4347 ]

やはり良作であることはもはや完全調和、すなわちパーフェクトハーモニーだ
  • URL
  • 2015/05/25 18:01

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Trackback

Trackback URL

http://akankorebiyori.blog.fc2.com/tb.php/150-29a0387c

Utility

 
Rss Twitter

カテゴリ

タグクラウド