提督が観る、アニメ艦これ第11話「MI作戦!発動!」 感想と考察

11-000.jpg

アニメ艦隊これくしょん11話のレビューや考察を書いていきます。
この記事を書くにあたり、他の方の感想を一切見ないことを徹底しました。
あくまでも世間の評判ではなく、私個人の感想ということでご覧下さい。

※ネタバレが含まれますので、必ず視聴後にお読み下さい。


第11話「MI作戦!発動!」 感想


11-001.jpg 11-002.jpg

物語はクライマックスへと突入。
アニメでクローズアップされた艦娘が集結し、これぞ総力戦といった臨場感や緊張感があった。
艦隊編成の発表シーン、大規模作戦に向けて各艦娘が着々と準備を進めるシーンなど、決戦を盛り上げる効果に一役買っていたように思う。

また、今回は赤城を中心に話が進行し、伏線ともとれるシーンやセリフが多くみられる回でもあった。
アニメ艦これの世界観を劇中である程度明らかにして欲しかったが、残りの話数的に厳しいか。
しかしあえて匂わせてきたのだ、ある程度納得できる形に落とし込んでもらえることを期待したい。


11-004.jpg 11-005.jpg

大規模作戦であるが、提督の不在が災いしてか作戦が上手くハマらない。
飛行場姫に攻撃を仕掛けるものの、実際には深海棲艦に作戦が看破されており、逆におびき寄せられた形となってしまった。
赤城の慢心は自分たちが主導権を持っていると勘違いしてしまった点か。
アニメ全体を通して未だ快勝できていないあたり、深海棲艦の指揮系統がいかに優秀かが伺える。


11-010.jpg 11-011.jpg

再編成の甲斐なく、冒頭のシーンと似たような状況に追いつめられる展開に。
しかし、那智の持つ作戦指令書や大型艦など、攻略のカギといえる要素が未だ明らかになっていない。
提督が行方不明のまま物語が終わるとも思えないし、如月の轟沈も何らかの形で物語に関わってきそうだ。
展開が全く読めず、どのような結末を迎えるのか非常に楽しみだ。


その他気になった点、考察


定めのくびき

11-008.jpg 11-009.jpg

赤城のセリフから、アニメの世界線では大戦が起こっていないと考えたほうが妥当だろう。
アニメは「現実とは全く異なる歴史を歩んだ世界」である可能性が非常に高くなった。
現実世界での事象を微かに記憶している状況から、「現実世界の艦船が別の世界で艦娘として生まれ変わった」とするとしっくりくる。
以上のことからも、アニメ艦これとゲーム艦これは一部世界観を共有しながらも設定が全く異なる別物だと考えられる。

また、別の解釈としてループ物と考えることもできるが……赤城の夢に実際の艦船が出ているシーンがある点からその線は薄いと考えたい。


艦娘の存在理由

11-003.jpg 11-012.jpg

長門のセリフから、艦娘自身にとっても艦娘として存在している理由が分かっていないことがはっきりした。
一話冒頭にて"生まれながらにして―"という説明があった点からも、改造人間ではなく超能力者に近い存在ということだろうか。

先程の考察を踏まえると、「現実世界で沈んだ艦船がその無念を晴らすために別世界で自我を持った艦娘として転生した」といったところか。
しかし、偶発的に生まれたにしては艦娘が上手く運用されすぎている気がするのも事実。
この世界の誰もが艦娘の存在理由を分かっていないとするには違和感のある点が多すぎるように思える。

細かい点ははっきりしないが、無念を晴らすとするならば、残りの回で活躍するのはスペックの割に戦果の少なかった艦娘たちになりそうか。
大和、そして……。
過去に抗う、ド派手な活躍を期待したい。

関連記事

Pagination


Comment

[ 3320 ]

これさ2期やるのかね次最終回でしょ
やるなら脚本は代えてほしいわ

シルエットは大鳳だよね
  • URL
  • 2015/03/21 17:27

[ 3321 ]

考察おつかれさまです
世界観ですがバイストン・ウェルのような所を自分は想像しています。

後はもう悪夢の走馬灯世界をぶち破るような活躍を期待ですね。
とくに大鳳
  • URL
  • 2015/03/21 18:35

[ 3324 ]

どこぞのアイドルアニメのロボット版みたく、黒歴史として扱われるに100万ペソ
  • URL
  • 2015/03/22 01:14

[ 3325 ]

冒頭リアルでしたねー
大和の出撃シーンがスゴいw菊の紋章w
  • URL
  • 2015/03/22 02:04

[ 3330 ] モノリス0120

何も解決されず投げっぱなしで終わると予想。
大鳳が出るみたいなので期待。
  • URL
  • 2015/03/22 05:55
  • Edit

[ 3332 ]

アニメの心配より本家が海外艦報酬にシフトしてる方が心配、日本の艦殆ど残ってないしどうすんだろ
  • URL
  • 2015/03/22 09:46

[ 3336 ]

正直いって今回はメインの構成に花田氏を持ってきたのが最大の失敗。
彼は『日常』のような細切れだけどそれぞれ話が面白く飽きさせないような作品、
あとはオムニバスに向いている人であって、
こんな連続物でシリアスとコメディの混ぜ込むシナリオは彼には無理だったのかと。
  • URL
  • 2015/03/22 13:00

[ 3340 ]

管理人の感想がどんどん短くなっていく・・・


あれもこれもと詰め込みすぎて闇鍋になった感が否めないな
6話みたいなほのぼの路線中心にするだけでかなりマシになっただろうに
  • URL
  • 2015/03/22 18:57

[ 3344 ]

定めのくびき、運命に打ち勝つ
大戦で沈んだ軍艦たちを、今この世界でもう一度輝かせようという、
アニメに限らず、これは艦これ全体のテーマだと言えるかも知れません。
恐らくは、アニメを作るにあたってこのテーマはやろう!と決めていたんだと思います。

で、このシーン見たとき思っちゃったんですよね。
「だったら何でもっと早くこのテーマに取り組まなかったんだ」って…

自分の記憶してる限り、今までこんなことを話したり匂わせたりしたシーンは無いと思います。
もうラス前ですよ。
ドラマティックに盛り上げようとしたんだとは思いますが、
今更唐突に夕べ見た夢の話みたいなこと言われても困ります。

赤城「実は私、運命みたいなものを感じてたんです!」
長門「実は私もだ」
いやいやいやwそんな馬鹿なw

ここからどんなラストが飾られるのか、今から楽しみで仕方ありません(白目)。
最後は何とかビシッとキメて欲しいものですね。多少強引でもいいんで…
  • URL
  • 2015/03/23 04:38

[ 3348 ] おりあ

在りし日の空母赤城らしき艦が映ったとき、あーこれはまた史実無理にでも絡ませてくるか?って思ったんですがそうでもなさそうですね。
結構重要そうな作戦の編成を館内放送みたいな形で発表するのは如何な物かと思いました。
定めのくびきも、如月の時に窺わせておけばいい伏線になったと思います。
あと、殆どの戦艦娘・正規空母艦娘がこの鎮守府に属しているのに、他の鎮守府は機能するのでしょうかね。戦線維持程度なら大丈夫なのかもしれませんが・・・
  • URL
  • 2015/03/23 15:17
  • Edit

[ 3354 ] 朗近

前回、長門による指揮権確保に加えて、「カッコカリ」を連想させるイメージカットがあるも、
運営からの「来週は最終回」つぶやき。
これらを1話内に整合性を付けて収める気が、そもそもあるのかどうか。

ここまで来たら、アニメオリジナル設定となる「MIに飛行場姫」を最大限活用すべく、
大型建造艦が間に合うも昼は防戦、
飛行場姫の破壊は「我、夜戦に突入す!」で例のアイアンボトムBGMを使うとか。

あのBGMと「夜戦開始MAPのカシャ音」「夜戦カットインの、カシャカシャカシャ、ドーン」を聞いたら、
大抵の話の矛盾など、大抵の司令の中では、脂汗と共に爆散するのでは。

戦艦の操る三式弾つき主砲が、敵基地を撃破するのが好きだ
恐慌状態の主人公が 既に息絶えた深海棲化キャラを 何度も何度も刺突している様など感動すら覚える
敵重巡の夜戦カットインに、滅茶苦茶にされるのが好きだ
哀れな昼移行後残敵が、雑多な小火器で健気にも立ち上がってきたのを
空母の高火力爆撃が、残HPごと木端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える

更なるイベント再演を望むか?
情け容赦のない 糞の様なMIを望むか?

よろしい ならばMIだ
  • URL
  • 2015/03/23 23:20

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Trackback

Trackback URL

http://akankorebiyori.blog.fc2.com/tb.php/149-29fac4f4

Utility

 
Rss Twitter

カテゴリ

タグクラウド