提督が観る、アニメ艦これ第1話「初めまして!司令官!」はこんな感じだった

anime01-000.jpg

ついに始まりました、アニメ艦隊これくしょん。
感想・レビューを書くにあたり、他の方の感想を一切見ないことを徹底しました。
あくまでも世間の評判ではなく、私個人の感想ということでご覧ください。

※ネタバレが含まれますので、必ず視聴後にお読み下さい。


著者のスペック

・艦これプレイ済み、史実知識はほぼ無し
・アニメ好き(2014年の傾向:Fate、ピンポン、ダンディー、シドニア、アルドノア、野崎君、WIXOSS、ノゲノラ、東京喰種、寄生獣)
Twitter


第一話「初めまして!司令官!」感想

anime01-008.jpg anime01-004a.jpg
左:艦娘たち/右:鎮守府の様子

艦これをプレイしてる側からすると、艦娘が動いているだけでも楽しいし可愛い。
正直このまま鎮守府という名の似非学園でわちゃわちゃしてるだけでも良いのだが、長門がクソ真面目なあたりちゃんとしたストーリーで進みそうだ。

冒頭の厳ついナレーションで、とりあえず「深海棲艦とかいう謎の艦艇軍が制海権奪って世界がヤバイから、こっちも超能力を持った艦娘で反撃して頑張るよ」という話なのは分かったが、

具体的に世界がどうヤバくなってるのかは不明で、
艦娘はどういう経緯で生まれたのかもよく分からず、
そもそもここは何時なんだろう、

という疑問を持ったあたりで、とりあえずこの雰囲気を楽しめばいいやという結論に落ち着いた。
とりあえず今後アニメ好きの友達に艦これを説明するときは「アルペジオとストパンが融合したような感じ」と言っておけば大丈夫だろう。


anime01-005.jpg anime01-006.jpg
左:日常シーンは手書き/右:戦闘シーンはCG

日常メインで進むのかと思いきや後半は戦闘シーンが続き、かつその戦闘シーンでは臨場感を出すために艦娘をCGで演出するという力の入れっぷり。
アルペジオのように終始CGでいかないのは、より艦娘の可愛さを表現するためだろう。
萌えアニメとして可愛いキャラを愛したい層も、戦闘アニメとして非現実の臨場感を味わいたい層もどちらも楽しめる、中々イキな作りとなっている。

戦闘シーンは、女の子が海で水上スキーしながら砲弾をぶっ放して煙で肝心のキャラが見えなくなっていたり、水上スキーしながら矢を射ると丁度いいタイミングで感情の無い妖精さんが乗る艦載機に変化したりと、一見シュールな図柄。
しかし、いや確かに引いた絵だとややシュールではあるが、CGによる豊かな動きとカメラワークや迫力のある効果音とBGMのお陰で中々に臨場感の溢れるアニメーションとなっている。


anime01-009.jpg anime01-007.jpg
左:感情の無い妖精さん/右:感情の無い深海棲艦

この通りおおむねアニメの出来に満足ではあるものの、一点どうしても気になったのがセリフ回し。
夕立が頑なに語尾に「ぽい」を付ける姿勢はもちろん気になったが、それ以上にゲームボイスをそのまま持ってきたかのような違和感のあるセリフがいくつか耳についた。
艦これプレイヤーに配慮するのは分かるが、もう少し状況にあわせてセリフを変化させて欲しかったと感じた。


――この物語は、ドジで頼りがいはないけどきっと才能のある吹雪の成長物語である。

しかし、どうしてもまどマギ的な展開を想像してしまうのは、最近の捻くれたアニメ(主に虚淵原作)を観すぎたせいだろうか。
明らかな伏線のようなシーンは無いものの、敵の砲弾に本気でビビっていた吹雪の表情、何か達観したような表情で砲撃を受けた深海棲艦、轟沈もあるだろうに楽観的に吹雪を戦地に送り出した提督の思惑など、気になる点がいくつかあった。

肝心の説明はほぼ無い現状、今後の展開がどうなるのか非常に楽しみである。

関連記事

Pagination


Comment

[ 2513 ] 朗近

背景とする基盤を、
戦争ものにするのか?戦闘ものにするのか?キャラものにするのか?
という選択がある中、キャラもの基本の戦闘(戦車道ならぬ、艦艇道か)ありにしたのかなと。

私が一番ひっかかった点は、
「lv1要員を、知らせずに艦隊に組み込む司令も、
集団末尾で後れを取る”足手まとい”に、ただ驚き困惑するのも、
戦闘組織の人の考え方動き方では無かろう。」という点です。

「足手まとい」に対しては、動きが遅く隊全体を危険にさらすとして、
いじめのターゲットにするなり、「まずは上官からはぐれない事だけを目指せ」というのが、
未熟なまま生き残って古参になる者が通常居ない集団の、典型的振る舞いとなります
(史実前提だと、自ら体勢を頻繁に崩すのは、通常は初出撃未帰還となる未熟飛行機乗りに見えてしまう)。

いわゆる部活もの学園ものといったキャラものであるならば、
その振る舞いを見て(死傷しないというお約束の上で)一喜一憂すれば済むことですから、今のところはそちら寄りかと。

この点、わざわざ「駆逐級」の時間割が「土曜半休、日曜日で誰も居ないから」な時点で、
これは「艦艇道」であって「月月火水木金金」の(時間もお金もかけられない分、訓練が苛烈な)世界ではないと
(戦車道における、学園艦よろしく)念押しされているようにも見えます。
  • URL
  • 2015/01/08 23:34
  • Edit

[ 2518 ]

可愛いんだから何だっていいじゃん(直球)
  • URL
  • 2015/01/09 08:38

[ 2519 ] ほしいか

コメントありがとうございます!

>朗近さん
キャラものでも戦闘ものでもないと思っていたのですが、なるほど、艦艇道というとしっくりきます。
ゆるい世界観でありながら一定の緊張感があり、誰もが比較的みやすく仕上がっていますね。
今後の1,2話で方向性がはっきりしてくると思いますので、どんな感じに展開していくのか楽しみです。

>2518さん
正直、艦これプレイヤーからしてみれば動いている艦娘を観るだけで感動ものですねw
どんな設定やストーリーであれ、クオリティが保たれていれば満足です。
  • URL
  • 2015/01/09 22:48
  • Edit

[ 2521 ] 名無しさん@ニュース2ch

感想拝読しました。
まだ一話だけですが、冒頭の五省と妖精さんの活躍は良かったと思います。後は雷撃で真っ二つに轟沈する敵駆逐艦と艦爆隊の空襲シーンなども凄かったです。

やはり艦これ自体がキャラクターものですから、話の筋とか展開でおかしな所には目をつむって、そういうものとして見れば楽しめるかも。

設定ですが、一話は世界観や登場人物で視聴者を惹きつけることが目的ですから、二話以降に詳しいことが語られるのでは、と思います。
個人的にはもっとダークな感じのストーリー展開も見てみたいですね。絶望的な戦局の中で仲間がどんどん斃れていく・・・みたいな。今回はイマイチ戦争やってる緊張感が伝わってこなかった感じが・・・

折角の良い題材を、中途半端にダメにはして欲しくないですね。

次回が楽しみです!
  • URL
  • 2015/01/10 03:05

[ 2525 ] おりあ

見直して気づいたんですが、冒頭の霧島の艤装が榛名と同型なのが気になりました。
霧島の艤装はカードイラストだと比叡と同じアームで展開するタイプだったような・・・

アニメだと同型艦で艤装は共通だったりするのかな
今後に期待ですね
  • URL
  • 2015/01/10 23:09
  • Edit

[ 2533 ]

今のアニメのスタッフにWWⅡの描写全部再現してと言ってもかなりきついんじゃないかって話も、かなり前から某所で実際に上がっていたらしんですけどねw。専門家の監修つけた方がよかったかもしれない。いずれにしろ、制作会社も情報は手にしているでしょうから、円盤で修正は入ると思います
  • URL
  • 2015/01/12 18:55

[ 2535 ] ほしいか

コメントありがとうございます!

>2521さん
妖精さんは今後の活躍に期待ですね!今回うつった場面では動きが無かったので、愛着が湧くようなキャラだといいなと思っています。
上の方もおっしゃっていますが、「艦艇道」というような側面が強く感じましたね。
キャラのセリフ回しも相まって、戦闘というよりは何かスポーツでも楽しんでいるような印象を受けました。
なにはともあれ、今後の展開次第だと思いますのでどうなっていくのか楽しみです!


>おりあさん
本当ですね、細かい部分までチェックが回っていないのかもしれません。
今後さらに登場キャラクターが増えてくると思いますが、そうした部分は特に気を使って欲しいですね。


>2533さん
史実を再現する場合はご指摘の通り監修が必要ですよね。
アニメではキャラもの路線でいくのかな?という感じですので、将来映画化とかになった場合に専門家をつけて史実を再現……というのをやって欲しいなと思っています。
  • URL
  • 2015/01/12 21:24
  • Edit

[ 2538 ]

>おりあさん
 おぅ、ほんとだ。細かいところチェック入ってますねー(笑)
 改二の船体型艤装とも形状が違いますし、比叡はアーム型使ってたので、
 たぶん単なるミスでしょうけど、ここはひとつ出撃直前に霧島の艤装に
 不具合が発見されて、急遽金剛の艤装を借りた、みたいに脳内で補完す
 ると、ちょっと楽しくなると思いますw

 金剛「私の艤装を使うデース!」


>ほしいかさん
 なんというか、PV時点でそれほど期待してたわけじゃないのだけれど、
 だいたいPV通りだったというのが正直な感想。
 このアニメは艦娘が動いてしゃべってるというのを楽しんで、ところ
 どころに萌えポイントを見つけていくのがいいんじゃないかなーと。
 第一話だと個人的には「那珂ちゃんぶれないなーw」とか、「比叡の
 アーム、変形がカッケー」とか、「必ず攻撃直前に回頭する砲塔って
 お約束ですよねー」とか、「これ如月かよ、かわいさ3倍だな」とか。
 あと「川内型の腕の砲塔ちっちぇー!」とか。

 まだ第一話だけなので、これからの展開に期待というところですが、
 シリアス路線で描ききるのが厳しいようなら、無理せずほんわか路線
 でもいいなー。
  • URL
  • 2015/01/14 10:16

[ 2540 ] ななし

CGってそういう意図で使ってたのか…
CGとアニメが交互に切り替わって違和感しかなかった
CG嫌いだからかも知れないけど…
  • URL
  • 2015/01/15 13:07

[ 2545 ]

夕立のぽいは全く気にならなかったんだが
もともと無理やり付けるタイプなんだし

でちとは訳が違うのよ
  • URL
  • 2015/01/17 00:30

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Trackback

Trackback URL

http://akankorebiyori.blog.fc2.com/tb.php/127-86862eb5

Utility

 
Rss Twitter

カテゴリ

タグクラウド